生卵 v.s. 大気圧プラズマ

生卵 v.s. 大気圧プラズマ

「-40℃では、バナナで釘が打てます」というエンジンオイルのCMがありましたが、低温プラズマなら卵が焼けません、というのも定番化しそうですね。

温度が低いことも大事ですが、ガス流量が少ないことも、この実験では重要で、あまりにガス流量が大きいと卵がぐちゃぐちゃになります。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. プラズマってなに?

  2. 価格改定のお知らせ

  3. プラズマの温度測定法

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP